Tatamiのアメリカ生活

こんにちは!アメリカ人の彼と結婚し、アメリカ東海岸に引っ越しました。アラサー女のマサチューセッツ田舎暮らしの日々の生活を気ままに綴っていきます。

【国際結婚】グリーンカード申請中/バイオメトリクスに行ってきた

先日グリーンカードの申請ステップその2 バイオメトリクスに行ってきました!

 

バイオメトリクスとは、指紋認証のステップで、アメリカでの犯罪歴がないかとかもチェックするみたいです。

 

私の住んでる地域はLawrenceにあるUSCISオフィスに行くようにと指示があったので、この日は旦那を職場まで送って、その足で自分で運転して行きました。

1人で運転するのめちゃくちゃ緊張した…

しかも旦那の職場からUSCISオフィスへの道のりがghetto(治安悪地域)すぎて恐怖。笑

 

スムーズにオフィスに着くも、オフィスに駐車場がなくて(アメリカなのにそんなことあるのか!)近くの平置き駐車場1日$10か、立体駐車場1時間$2で迷わず小汚い立体駐車場を選びました。笑

アメリカのパーキングってたいがいみんな前向き駐車なんですけど、出るときが怖すぎてやっぱり私は慣れません。しかもこの立体駐車場狭いし!1人でひぃひぃ言いながら入出庫。

 

肝心のバイオメトリクスはいろいろあったけどスムーズに完了です!

 

11:00からのアポでしたが、10時過ぎに到着して早めに向かいました。

 

エントランスを抜けると空港みたいなセキュリティチェックがあって、荷物を預けてゲートをくぐります。

要件を聞かれて、バイオメトリクスです〜って答えると待合室を案内してくれました。

 

待合室に入ると簡単なインフォメーションシートに、名前や生年月日、人種や目の色髪の色を記入。呼ばれるまで待ちます。携帯、飲食禁止なのでヒマ。

けど待っている人も少なくすぐに呼ばれ、アポの時間も関係なく進めてくれました。

 

しかしここで問題が!

 

受付のおばさま『マリッジサーティフィケート持ってきた?』

 

私『へ???(´・ω・)』

 

おばさま『GC申請の名前とパスポートの名前が違うから確認するのに証明書いるわね』

 

私『ひぇぇぇ〜〜〜〜!!!(´⊙ω⊙`)』

(そんなの持ってきてないーーー

持ち物リストに書いてなかったじゃん!)

 

私『え〜マリッジサーティフィケート、今日は持ってきてないですごめんなさい〜う〜ん…(どうにかなりませんかオーラ全開)』

 

おばさま『家まで取りに帰ってもらわないと。どこ住んでるの?家まで何分?』

 

私『えぇぇぇ家まで?!車で1時間弱かかります…』

(本当は40分くらいだけど、取りに帰れだと?!1人で往復?ツラッきつっ絶対ヤダ。今日受け付けられないとかもムリだしなんとかしてくれお願いしますほんとに!!!)

 

おばさま『うぅ〜ん、ま、本当なら証明書絶対必要なのよ。けど特別ね。面接の時はあなた絶対持ってきなさいよ。はい、じゃああっちの部屋行ってね』

 

神様ぁぁぁぁぁぁ(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

融通効きまくりの素敵なおばさまのおかげで本当に助けられました。

私はアメリカでの苗字を旦那のラストネームに変えたので、GC申請は旦那のラストネームで、パスポートは旧姓のままなので、私が同一人物である証明書が必要なんですね。

いい勉強になった…本当にありがとう、おばさま。

 

肝心のバイオメトリクスは、写真を一瞬でパシャリと撮影、そして指紋をグリグリと専用の機械に押し付けるだけ。指紋採取は日本の警察証明をもらうときと同じ感じでした。

 

滞在時間は15分くらいかな?あっと言う間に終了です。

 

彼に受付での一連の出来事を報告したら、ほんとラッキーだったね、って言われて、もうその通り!!!運良く進められて本当によかったです。

 

次は面接のお知らせを待つばかり。

 

しかし、私はこの後に気づくのです。グリーンカードの申請には現在とんでもなく時間がかかっているということを…。次回に続きます。

 

それでは、また〜

See you real soon!