Tatamiのアメリカ生活

こんにちは!アメリカ人の彼と結婚し、アメリカ東海岸に引っ越しました。アラサー女のマサチューセッツ田舎暮らしの日々の生活を気ままに綴っていきます。

アメリカの度量衡問題

アメリカに引っ越してきてから常に私を悩ませる度量衡問題。これまで30数年間培ってきた長さ、重さ、気温、すべての感覚が通用せず!

今日は自分の勉強とメモ用に簡単に換算表を残しておこうと思います。

 

 

◆長さ編◆

アメリカでは長さはインチ(inch)、フィート(feet)表記です。インチとフィートの関係が本当にややこしく、家具購入の際にどれだけ苦労したことか!

 

まずは単位まとめ。

 

1 inch

1 feet (= 12 inches)

1 yard (= 3 feet)

1 mile (= 1,760 yards)

 

  ※ yardとmileの間にrodとかfurlongというのもあるみたいですが、実生活で見かけたことがないので省略

 

区切り悪っ。笑

メートル法なら1mは100センチ、1kmは1,000mってわかりやすいのに!

実はつい先月まで1フィートが10インチだと思っていたので(勝手に)、IKEAで必死に計算するも旦那の計算と合わず2人でパニックになってました。いい迷惑。

 

さて、上記をメートル法に換算すると以下の通りになります。

 

1 inch  =  2.54 cm
1 feet  =  30.48 cm
1 yard  =  91.4 cm
1 mile  =  1.609 km

 

インチは " 、フィートは ' の記号で表記できます。例えば 5'10" だと、5フィート10インチ。

私の身長は159センチなので、フィートにすると 5'2" か 5'3" になるので、サバよんで 5'3" ということにしています。

ややこしい。

 

アメリカのフリーウェイの速度制限はだいたい時速65マイルです。なので、換算すると時速約104キロ。

でもみんな通常80マイルくらいで走ってるので実質128キロ近く。私もフリーウェイ運転するときはそれくらいで走ります。意外とスピード出てますね😅

 

42.195kmのマラソンはアメリカでは26mile 385yardです。

これもまた距離感が掴みにくい…笑

 

 

◆重さ編◆

スーパーで最もお世話になる単位です。

 

1 ounce

1 pound (=  16 ounces)

 

そしてこれもまた区切りが悪い。グラムに直すと、

 

1 ounce  =  28 g

1 pound  =  448 g

 

になります。

オンスは oz. 、ポンドは lb. で表記されてます。

 

アメリカのスーパーでは、野菜や果物がほとんど量り売りで1ポンドいくら、で価格設定がされています。なので、野菜売り場には計りも置いてあって各自確認していくわけです。

この前初めて白菜を買ったら1玉450円くらいでした。1/4や1/2カットがないので、二人暮らしに1玉は大きすぎる…。いくら欲しい分だけ買えると言ってもお店で白菜をかち割るわけにはいかないので、1玉買って1週間白菜食べ続けました。

 

ちなみに、ポンドで体重を表記すると余裕で3ケタになるので、ものすごく太った気分になります。笑

 

液体物にはまた別の単位が。

 

1 pint

1 gallon (= 8 pints)

 

またややこしい。これをリットルに直すと、

 

1 pint  =  0.473 L

1 gallon  =  3.785 L

 

となります。

ビール好きの人とかは、PUBで1pintビール頼んだりして馴染みがあるかもしれませんね。(自分がそうなだけ)

 

こっちに来てすぐのときに、義父に

『日本では牛乳は1ガロンいくらなんだ?』

と聞かれ、日本ではガロンは使わなくて〜ってところから説明を始めなければならず、かつガロンが何リットルかもわからなくてちょっと焦りました。

 

こちらでは牛乳1/2ガロン(約1.8リットル)を180円くらいで購入しているのでだいぶ安いですね。

 

 

◆温度編◆

最後はこれまた厄介な摂氏、華氏問題。

毎日天気予報を見ながら、自分の肌で感じながら(笑)感覚を掴もうと必死です。

 

もうこれは計算式とかちゃんと覚えてられないので、ネットで拾った簡単な式だけ覚えることに。(ずぼら)

 

(華氏の温度) − 30 ÷ 2 = (摂氏の温度)

 

なので、例えば華氏60℉の場合は

 

(60 − 30) ÷ 2 = 15

 

で、だいたい15℃!といった感じです。

 

90℉はだいたい32℃なので、90℉越えたら夏は暑いな〜だし

50℉はだいたい10℃なので、50℉に近づくと寒くなってきたな〜みたいな感覚ですかね。

 

オーブン料理でよく出てくる200℃に熱したオーブン。こちらでは390〜400℉くらいのようなので、数字が大きくなると上記計算式は少しずれるので注意ですね…

(恐らくこの計算間違いにより先日オーブンを高温にしすぎたことが原因でボヤ騒ぎになるところでした!)

 

 

以上、まだまだ感覚の掴めないアメリカの度量衡でした。

 

彼はアメリカの度量衡で育っているので、逆にメートルやグラムの感覚がまるでありません。

メートルやキロは数学の時間にただただ計算式の中で学んだだけなんだそう。なので数字の概念しかなく、1メートルがどのくらいか全然ピンとこないんですよね。そういう感覚の違いも面白いもんだな〜と思ってます。

 

それでは、また〜

See you real soon!